【図説】インスタグラムのショッピング機能の設定方法の流れをわかりやすく解説 – 2020年仕様

1. 2020年10月時点のInstagramのショッピング機能の設定概要図

2020年7月にショッピング機能の申請方法の仕様が大きく変わりました。プロフィール画面に「ショップを見る」などのボタンが追加されるようになりました。

この記事では2020年10月時点での申請方法をわかりやすく図説で解説します。誰もがつまづくであろうFacebookビジネスマネージャーとの関係性やカタログとの連携方法などを解説します!

2. ショッピング機能のやり方のまとめ図 (注目)

Instagramのショップ機能を実装するために必要なことを図にまとめましたのでご覧ください。
初めて設定する人にはわかりにくいFacebookビジネスマネージャーとインスタアカウントとの関係性をまとめています。ショッピング設定をする場合はこの概要図を見ながら進めていくことをおすすめします!

インスタグラムのショッピング機能の設定概要図 – 相関図

設定概要図はいかがでしたでしょうか?

Instagramのショッピング機能なのに設定する項目がInstagramだけではなくFacebookやビジネスマネージャー、カタログなど多岐に及んでいることがわかります。

この設定を何も知らない状態で設定していくことはかなりの難易度があると思いますよね。

詳しい設定方法は別の記事で紹介していく予定です。
この記事では簡単な流れを解説しています。
難しい課題に取り組むときは、いきなり取り掛かるよりも全体像を掴んでから取り掛かった方がわかりやすいのです。

また、ソーシャルアドバイザーズではショッピング機能の設定を代行しております。申請代行料金は¥30,000のみとなっており、審査に通過した場合のみ料金が発生致しますので安心です。ご興味のある方は下のお問い合わせフォームからお問い合わせください。診断は無料で行っております。

3. 設定の流れ(簡潔に説明!!)

ショッピング設定の設定の流れについて簡潔に説明します。

  1. 事前にFacebookページを作成しておきます
  2. Instagramアカウントをビジネスアカウントに設定し、Facebookアカウントをリンクします
  3. FacebookビジネスマネージャーとInstagramアカウントがリンクしていることを確認します
  4. FacebookビジネスマネージャーとFacebookページがリンクしていることを確認します
  5. Facebookビジネスマネージャーでカタログを作成します
  6. カタログに商品を追加していきます(自動追加と手動追加の2種類の方法があります)
  7. ショッピングサイトのドメイン認証をFacebookビジネスマネージャーで行います
  8. Facebookビジネスマネージャーからコマースマネージャーを作成します
  9. 審査に提出します

4. 審査のポイント

ショッピング機能の審査で重要なことが、審査に落ちてしまうとショッピング機能が今後使えなくなってしまう点です。

ソーシャルアドバイザーズでは導入実績100件以上の実績がありますが、相談を頂くお客様の中には審査に落ちてからショッピング機能の審査が二度とできなくなってしまったというお客様も多くいらっしゃいます。

そうならないためにも審査のポイントは事前に押さえておくことをおすすめ致します。

  1. 全てのアカウントが正しくリンクされていること
  2. カタログの商品が正しくアップロードされていること
  3. カタログの商品の購入ページがドメイン認証をしたサイトで販売されていること
  4. 商品がInstagramショッピングのコマースポリシーに反していないこと
  5. ドメイン認証が正しくされていること

5. 審査に落ちてしまった場合

審査に落ちてしまうと再審査のリクエストが行える場合があります。ただし、再審査のリクエストは一定の条件をクリアしていないと行えません。また再審査に失敗してしまうと再度再審査が行えなくなることもあります。

再審査の条件を満たすには様々な要件があり、ソーシャルアドバイザーズではその要件を把握しています。

もしショッピング機能の審査に落ちてしまった場合はお気軽にお問い合わせください。審査に通過できるかどうかを無料で診断致します。
審査に通過できると判断した場合には¥18,000で申請を代行致します。別料金はございません。下のお問い合わせフォームから診断申し込みをどうぞ。

    関連記事

    コメント

    この記事へのトラックバックはありません。

    TOP